2018年11月

1/3ページ

最長50年の全期間固定金利住宅ローン【フラット50】とは?

最長50年の全期間固定金利住宅ローン【フラット50】とは? ずっと金利が変わらない安心と、ライフプランが立てやすいことで人気のフラット35。 そのフラット35に関しましては、関連する特約などを含め何度かご紹介させていただきました。 「フラット35」はどんな住宅ローン? 将来の返済困難に対する不安を解消。『家賃返済特約付きフラット35』① 古い家から新しい家への住み替えを支援する「住みかえ支援フラッ […]

住宅取得資金の贈与に使える「相続時精算課税選択の特例」とは?

住宅取得資金の贈与に使える「相続時精算課税選択の特例」とは? 以前ご紹介した、親からの資金援助を受ける際に使える「相続時精算課税制度」は、住宅取得資金に限られたものではなく、どのような目的にも使えるものですが、贈与者が60歳以上であることが必要です。 これに対し、住宅取得資金の贈与の場合に限り要件を緩和した「相続時精算課税選択の特例」というものがあります。 この「相続時精算課税選択の特例」とは、文 […]

住宅取得時にありがたい親からの資金援助。利用できる控除「暦年課税制度」と「相続時精算課税制度」の違い

住宅取得時にありがたい親からの資金援助。利用できる控除「暦年課税制度」と「相続時精算課税制度」の違い これからマイホームを購入する方にとって、親からの資金援助は非常にありがたいものですよね。 我が家の場合は、どちらの両親からも援助は無かったので、援助が受けられる方がうらやましいです。諸費用分だけでも、だいぶ助かるんですよね・・・。 さて、今回は、この住宅取得の際の親からの資金援助について利用できる […]

住宅ローン審査の通る・通らないに大きく影響する「信用情報」について

住宅ローン審査に影響大「信用情報」 これからマイホームを購入する方にとって、住宅ローンの審査が通るか通らないかは大きな関心事ですよね。 安定した仕事に就き、収入が安定していて、資金計画に問題が無ければ、すんなり住宅ローンの審査に通るはず・・・。 しかし、いざ審査に申し込んでみると、なぜか審査に通らないということも少なくありません。 上場企業勤務や公務員の方でも、審査に落ちてしまうことはよくあること […]

空き家対策としても効果を発揮する「既存住宅売買瑕疵保険」とは?

既存住宅の売買における瑕疵担保責任 全国的に問題になっている空き家問題に関連して、既存住宅の流通・活用に向けた取り組みが活発化しております。 既存住宅は、新築住宅に比べて安価であり、実物を見学してから購入できるというメリットがあり、若い世代などに人気があります。 しかし、既存住宅には、それまで住んでいた人でさえ気づかなかった瑕疵が存在するかもしれないというデメリットもあります。 実際に既存住宅を売 […]

老後になって慌てない住みかえ先の知識②高齢者施設編

高齢者施設に入居する 老後の暮らし方として、広すぎるマイホームを売却・賃貸して、ちょうど良い住まいへの「住みかえ」が注目されております。 「住みかえ」の選択肢に関しては、以前にご紹介しておりますが、①新たに住宅を購入する ②新たに賃貸住宅を借りる ③高齢者施設等へ入居する の3つが主なものとして挙げられます。 ③の高齢者施設等については、更に、公共型の施設と民間事業者が運営している施設とに分けられ […]

老後になって慌てない住みかえ先の知識①介護保険3施設編

介護保険3施設に入居する 老後を安心して暮らせるように、老人ホームや介護施設に積極的に「住みかえ」を考える高齢者の方が増えてきております。 老人ホームや介護施設は、運営主体、目的や入居条件により様々な種類があります。 大きく分けると、「介護保険施設」と呼ばれる社会福祉法人や地方公共団体が運営する公共型の施設と、民間事業者が運営している施設とがあり、更にその中で、役割に応じて細かく種類が分かれており […]

「空き家対策の担い手強化・連携モデル事業」とは?

空き家相談に対応できる人材育成・体制構築 全国的に問題になっており、今後ますます増えていくと言われている空き家問題に関し、その対策を加速するため、国土交通省が今年度新たに創設した支援事業が「空き家対策の担い手強化・連携モデル事業」です。 この支援事業は、空き家に関する多様な相談に対応できる人材育成、多様な専門家等との連携による相談体制の構築、地方公共団体と専門家等が連携して共通課題の解決を行うモデ […]

シニア世代が直面する「住みかえ問題」の選択肢

高齢者の住みかえの選択肢 高齢化が進む中、老後を安心して快適に暮らせるように、「住みかえ」を考える高齢者が増えております。 「住みかえ」を検討する理由は様々ですが、次のような理由が挙げられます。 今の家が古くなった 子供が独立して広い家が不要になった 今の家は買い物等生活が不便だから 子供と同居・近居したい 故郷に帰りたい 田舎でのんびり暮らしたい 仕事以外のやりたいことをやるため 親の家を相続し […]

【注目!】人気が高まっている「移住・住みかえ」に対する地方自治体の活動

広がる「移住・住みかえ」人気に対する地方自治体の活動概要 地方への移住・住みかえというと、ひと昔前は定年を迎えたシニア世代の方が、老後を都会の喧騒から離れてゆっくり暮らすために行うイメージでしたが、今は若年層の方々も積極的に田舎に移住するようになってきております。 このような世の中の動きに合わせて、各地方自治体でも、外部からの住民を積極的に受け入れることで、地域の活性化につなげようとする動きが活発 […]

1 3